サイトマップ

 レイキの歴史

”誰にでも出来る”の始まり

レイキが生まれる以前にも、古くはお釈迦様やイエス・キリストの手当て・手かざしに見られるように、聖人や徳の高い人が手による癒しを行うことは知られてきました。たぶん、この様な手法は世界中のどの時代にもあったはずです。日本でも、神道や修験道など達によって手当て療法が実践されていたようです。しかし、レイキ・靈氣は

誰でも生まれつき持っている力

臼井甕男 という認識を確立した世界初のものだったのです。特別な訓練や才能がなく、凡人でも誰でも、そういった自然な気が手から出て、それが療法として使えるというのは、信じがたい事かもしれませんが、信じがたい事なので、それまで誰も気がつかなかったのでしょう。レイキ=靈氣は、臼井甕男(ウスイミカオ 1865-1926)氏が、1922年に京都の鞍馬山にて断食修行を行なった帰りに偶然見つけ、その存在に気がつき「心身改善臼井靈氣療法」という名で実践してゆきました。臼井霊気療法学会も設立されました。霊気は当時から宗教的なものとは関係がありません。

「霊」という漢字は、現代の人にとっては幽霊のようにおどろおどろしく感じられますが、実際には、霊峰、霊水、霊泉、霊薬、霊長、霊鳥など「不思議な力を持った」「神秘的な素晴らしい」という良い意味で使われています。「霊気」というのは「目に見えない不思議な力を持ったエネルギー」という意味になります

戦前は広く使われていた

当時の日本では霊気は海軍にも認知され、臼井霊気療法学会の会員は1万人規模、また、この会からスピンアウトして独自の手当療法として実践した人も含めると十万人以上の使用者がいたと言われています(今日のレイキ・靈氣の使用者は国内では5万人以上といわれてます)。

林忠次郎また臼井甕男氏の弟子の一人で、海軍大佐だった林忠次郎氏(1879~1940)は、8人を同時に施療できる治療所を東京信濃町(現新宿区)持ち、また様々な地方を回って霊気の普及にも努めました。この時に、霊気を教わった山口千代子さんの霊気は「直傳靈氣」として今日でも継承されています。また、同時期に林忠次郎氏から霊気を教わった、ハワイ在住の日系二世 高田ハワヨ女史 が戦後世界中にレイキを広めることになります。

当時は治療が目的

今日のレイキは、簡単なヒーリングや癒しも含めていろいろな用途で使われていますが、当時は霊気の目的は医療的な治療です。当時の資料では、霊気が様々な病気治療に使われて効果を発揮していたことが分かります。また、家庭では前述の山口千代子さんのように、家庭で医薬品をまったく必要としなかったことが語られています。海軍では霊気を戦艦内での限られた医薬品の代替として利用しようとしたのではないかと想像されています。

敗戦で価値観が一変

1945年日本が敗戦、1951年まで連合国の占領政策にさらされます。それまでの日本人は、目に見えないものを大切に扱い、科学的でなくても神聖と感じれば大切にする心を持っていました。しかし、そういったものも含めて、戦前の価値観が否定され、科学的であること、客観的であることが最重要とされました。昔から日本にある価値観、技法などは古くて遅れていて劣っている、そして欧米とくにアメリカの価値観や文化・文明が進んでいて、より優れているのだという考えになって行きます。また、それまで行われていた代替療法は、GHQによって、原始的で、非科学的であると見なされ、鍼灸あんまのみが、法的に存在できるものになりました。臼井霊気療法学会も対外的な活動を一切停止します。
この両面の理由から、一般的な日本人は、手当て療法のような手法に興味をなくし、西洋的なもの、科学的なもの、西洋医学の手法に傾倒して行くことになります。西洋医療万能、医薬万能の時代に突入するのです。

欧米では逆転が始まる

世界への広がり欧米でも、1960年代は科学主義が花開いていました。様々なテクノロジーの発達、月へ人類を送り込む(1969年)、人々の生活の向上など、科学技術が謳歌されていました。
しかし、ベトナム戦争が泥沼化していった1970年代から、人々は行き過ぎた消費文明や、極端な経済効率主義の矛盾に気がつき始め、精神的な発達や自由な生き方を模索する「ニューエイジ運動」が発生。前述の高田ハワヨ女史がハワイ・米国でレイキを教え始めた時期がまさにちょうどこの頃でした。このレイキは、精神性や癒しを求める欧米人に高く支持されて、あれよあれよという間に世界中に広まってゆきました。日本占領政策で、非科学的なものを徹底的に排除した欧米で、逆にその否定したものが支持を得てゆくというのは皮肉でもあります。

現在、海外でのレイキ使用者は推定で600万人以上と言われています(アメリカ、ドイツ、イギリス、カナダ各 100万人、日本での使用者は5万人程度)。代替療法の盛んなイギリスでは、ロンドンなどで”Reiki Healing"の看板が多く見られます。米国の国立補完代替医療センターでも、レイキは有望な代替療法の一つとして研究されています。米国では、病院や施設でも、実際にレイキを導入しているところもあります。

レイキは有望な代替療法の一つ

また、米国ではアフガニスタンやイラクの戦闘経験で、PTSDになった復員兵の治療にレイキが応用されています(東京新聞2010年7月4日)。 PTSDへのレイキの応用
クリックして拡大

国内のレイキは後追いで復活

戦後、国内での霊気は使用者が激減します。霊気を一貫して使い続けていたのは、数百人規模に縮小した臼井霊気療法学会、そして林忠次郎氏から霊気を習った山口家親戚の10数人の二つのグループになってしまいました。1960年~80年は、何も起こらない時代でした。

日本では、科学技術全盛による高度経済成長を1973年のオイルショックまで謳歌しましたが、1980年の横ばい、そして1980年代後半からのバブル崩壊を経験し、様々な価値観の変化が現れました。
ちょうどそれと平行して、1980年後半になって、高田ハワヨ女史が欧米で広めたレイキが、日本に逆輸入されるという皮肉な現象によって、日本でのレイキ・霊気が復活するということになります。そして、1993年から本格的にレイキのセミナーが開催されて、使用者が急速に増えて行くことになります。山口千代子さんとその息子の忠夫氏も、このレイキの普及に刺激を受け、当時の伝統靈氣をそのままの形で広めるために「直傳靈氣」の活動を始めました。

現在のレイキ

現在、日本でのレイキ使用者は推定5万人以上と言われています。これらの多くは、病気治療ではなく、精神世界、癒し、ヒーリングといった目的ですが、整体師・アロマセラピスト・鍼灸師・気功師などで、レイキを併用している施術師が急激に増加しています。それは何よりも、レイキを使った場合の施術効果が確実にあると言うことです。

しかし、戦前のレイキが病気治療に使われていたようには、今日の状況はそのレイキ本来の実力を発揮していません。それどころか、西洋医療への依存、薬への依存はますます増えていっているのが現状です。私達、レイキセラピー協会は、レイキの素晴らしさを広め、日本人一人一人が自分の健康は自分の手で守る、自分の家族は自分で守る、そういう力をみんなが持っていることを、知って使って頂くための活動を行っています。